格安SIM「LINEモバイル」への乗り換えかんたんガイド

LINEモバイルの料金プランは高い?携帯キャリア3社と比較してみた

更新日:

LINEモバイル

格安SIMに乗り換えたら毎月のスマホ代が安くなりそうだけど、LINEモバイルの料金プランは「ぶっちゃけ高いの?それとも安いの?」

その答えは…「LINEやSNSをたくさん使うなら安い!」というのが本音のところです。

今回はLINEモバイルで「毎月のスマホ代がどれくらい安くなるのか?」、大手携帯キャリア3社との料金比較をしてみたのでご紹介します。

LINEモバイルの料金プランは高いの?安いの?

LINEモバイル 料金

LINEモバイルの料金プラン

LINEモバイルの料金プラン(月額)
LINEフリープラン
 サービスタイプ データ通信プラン 音声通話付きプラン
1GB 500円 1200円
SMS機能 +120円 無料
使い放題 LINE
コミュニケーションフリープラン
 サービスタイプ データ通信プラン 音声通話付きプラン
3GB 1110円 1690円
5GB 1640円 2220円
7GB 2300円 2880円
10GB 2640円 3220円
使い放題 LINE、Twitter、Facebook、Instagram
MUSIC+プラン
 サービスタイプ データ通信プラン 音声通話付きプラン
3GB 1810円 2390円
5GB 2140円 2720円
7GB 2700円 3280円
10GB 2940円 3520円
使い放題 LINE、Twitter、Facebook、Instagram、LINE MUSIC

LINEモバイルの料金プランには、LINEやSNSが使い放題になる「カウントフリー」というサービスが含まれています。

カウントフリー対象サービスの利用では「データ通信量がかからない」ので、LINEやSNSをたくさん使う人にとってはかなり大きなメリットになります。

データ消費量が少なくすむなら、いつもより容量の少ないプランでも足りてしまうかもしれませんね。

LINEモバイルのデータ通信は月額500円~使える

LINEモバイル データ通信 月額500円~

LINEモバイルのデータ通信プランは、脅威のワンコイン「月額500円」から使えます。

カウントフリーでLINEが使い放題になる、LINEフリープランの「データ通信専用プランが1GB/500円」、「SMS機能付きのプランが1GB/620円」になります。

LINE以外のSNSも使い放題になる、コミュニケーションフリープランは「3GB/1110円~10GB/2640円」、MUSIC+プランは「3GB/1810円~10GB/2940円」が選べます。

LINEモバイルの音声通話は月額1200円~使える

LINEモバイル 音声通話 月額1200円~

データ通信+電話も利用する人のための音声通話付きプランも、LINEモバイルなら格安の「月額1200円」から使えます。

データ量1GBでは足りない人は、コミュニケーションフリープランが「3GB/1690円~10GB/3220円」、MUSIC+プランでは「3GB/2390円~10GB/3520円」を選べます。

通話料金は「30秒20円」が別途かかりますが、月額1200円からスマホが持てるのは驚異的です。

LINEモバイルの料金プランは格安SIMとしては並みの金額ですが、LINEやSNSをたくさん使う人にとっては「カウントフリーで使い放題」になるので、月額料金が安く抑えられる魅力的な料金プランといえるでしょう。

LINEモバイルの料金シミュレーション

LINEモバイル 料金

LINEモバイルではスマホ本体料金は別で払う必要あり

LINEモバイル スマホ代

大手携帯キャリアではスマホ本体の料金も一緒に支払っていましたが、LINEモバイルでは月々の利用料金とスマホ本体料金は別で払う必要があります。

「LINEモバイルの利用料金」+「スマホ本体料金」=「月々のスマホ代」

多くの人が当てはまる「コミュニケーションフリープランの音声通話/3GB」でシミュレーションしてみました。

LINEモバイルでiPhoneを使った料金

LINEモバイル 料金シミュレーション

※グラフは平均的な金額のイメージです。

契約24ヶ月目(2年)まではスマホ本体料金の分割払いがありますが、その後はスマホ本体の支払いが終わって月額料金だけになります。

大手携帯キャリアに比べてLINEモバイルの料金がぐっと下がっているのは、料金プラン自体の金額がそれだけ安いためです。

LINEモバイルでiPhoneを使った場合の、機種ごとの料金をまとめてみました。

LINEモバイルの月額料金 スマホ本体料金
(24回分割払い)
月々のスマホ代
コミュフリー
(音声通話/3GB)
1690円
iPhone7 32GB 3429円 5199円
iPhone7 128GB 3915円 5605円
iPhone7 256GB 4401円 6091円
iPhone6s 32GB 2916円 4606円
iPhone6s 64GB 4158円 5848円
iPhone6s 128GB 4158円 5848円
iPhone6 0円 1690円
iPhone5s 0円 1690円

※表はドコモの料金です。au/ソフトバンクは前後します。

すでにスマホ本体料金の支払いが終わっているiPhone6やiPhone5sは、LINEモバイルの月額料金だけなので、月々のスマホ代がかなり安くなりますね。

大手携帯キャリアでスマホを分割払いで購入した人が、分割払いの途中でLINEモバイルに乗り換える場合は、残りのスマホ本体料金を一括で支払うか、割引適用前の金額で分割払いを続けることになります。

例えば「iPhone7 128GB」の場合だと、大手携帯キャリアでは割引されて月々1593円の支払いですが、LINEモバイルに乗り換えた後も分割払いを続けるなら「割引前の月々3915円」の支払いになります。

わかりやすくiPhoneを例にしましたが、その他のスマホでも同じように計算すれば月々のスマホ代がわかりますよ。

2年使って分割払いが終わっているスマホを利用するなら、むずかしいことを考える必要もありませんね。

LINEモバイルの料金比較

LINEモバイル 料金

LINEモバイルと大手携帯キャリアの料金比較

LINEモバイル 料金比較

LINEモバイルの料金プランは、大手携帯キャリア(ドコモ/au/ソフトバンク)と比べて「どれくらいお得なのか?」料金を比較してみました。

データ容量 LINEモバイル ドコモ au ソフトバンク
1GB 1200円  ー 4900円 4900円
3GB 1690円 5500円※ 6200円
5GB 2220円 7000円 7000円 7000円
7GB 2880円  ー  ー
10GB 3220円  ー  ー  ー

※LINEモバイルは、コミュニケーションフリープランの音声通話付きプランの料金です。通話料金は別途かかります。
※docomoは、カケホーダイライト1700円+SPモード300円+データ定額サービスの料金です。3GBの欄はデータSパック2GBの料金です。
※auは、スーパーカケホ1700円+LTE NET300円+データ定額サービスの料金です。
※SoftBankは、通話定額ライト1700円+ウェブ使用料300円+データ定額サービスの料金です。

※スマホ本体料金の分割払いが残っている人は、この金額にスマホ本体料金がかかります。
※金額はすべて税抜きです。

LINEモバイルのデータ容量を基準にしているので、各携帯キャリアに該当プランがないものも多いですが、だいたいの感じはつかめると思います。

唯一全社が提供している「5GBのプラン」で、毎月の利用料金と1年間利用した場合の料金を計算してみました。

純粋な基本利用料だけで比較できるように、すでにスマホ本体料金の支払いが終わっている「iPhone6」で比較しています。

大手携帯キャリアでiPhone6を1年使った料金

大手携帯キャリア 料金

基本利用料 5分かけ放題 24時間かけ放題
かけ放題 1700円 2700円
ネット利用料 300円 300円
データ定額(5GB) 7000円 7000円
スマホ本体料金 0円 0円
合計(月額) 9000円 10000円
年間(12ヶ月) 10万8000円 12万0000円

5分かけ放題のプランで月額9000円、年間で10万8000円。24時間かけ放題プランは+1000円なので月額10000円、年間で12万円になります。

実際は「長期利用での割引」や「学割」などが適用されるので、数百円~人によっては数千円が安くなりますが、基本はこの金額です。

LINEモバイルでiPhone6を1年使った料金

LINEモバイル 料金

基本利用料 コミュニケーション
フリープラン
MUSIC+プラン
5GBプラン 2220円 2720円
通話料金 いつでも電話(10円/30秒)
10分かけ放題(880円/月)
いつでも電話(10円/30秒)
10分かけ放題(880円/月)
スマホ本体料金 0円 0円
合計(月額) 2220円~/3100円 2720円~/3600円
年間(12ヶ月) 2万6640円~/3万7200円 3万2640円~/4万3200円

LINEモバイルでは通話料金は使った分だけかかるので、たくさん電話を使うとそれだけ通話料金がかかります。逆に全く使わなければ0円に抑えることも可能です。

追記2017年6月19日に、「いつでも電話」と「10分電話かけ放題オプション」のサービスが開始されたので、料金を訂正しておきます。

コミュニケーションフリープランは月額2220円~、年間で2万6640円~。10分電話かけ放題オプションを付けても月額3100円、年間で3万7200円。

MUSIC+プランは月額2720円~、年間で3万2640円~。10分電話かけ放題オプションを付けても月額3600円、年間で4万3200円になります。

ざっくりとですが、毎月6000~7000円安くなる感じなので、年間で7万~8万円違ってきますね。

今回は1年間で計算していますが、大手携帯キャリアの2年縛りが終わるまで、ガマンして2年間使った場合は単純に2倍になります。

2年間で14万~16万円も節約できることになるので、いかにLINEモバイルがお得かがわかりますね。

スマホ本体料金の分割払いが残っていても、スマホの割引額より乗り換えた場合に安くなる金額のほうが多くなります。

2年縛りの解約金9500円を支払っても、なるべく早めに乗り換えたほうが結果として安くすむことが多いでしょう。

今支払っている料金とLINEモバイルに乗り換えた後の料金をしっかりと比較して、お得になるとわかったら、少しでも損を減らせるように早めに乗り換えたいですね。

LINEモバイルの料金プランの注意点

LINEモバイル 注意点

かけ放題プランがないから通話料金が高くなる?

LINEモバイル かけ放題

※DMMモバイルのかけ放題のイメージです。

追記2017年6月19日に、「いつでも電話」と「10分電話かけ放題オプション」のサービスが開始されました!

LINEモバイルには「5分かけ放題」や「通話し放題」のような、「かけ放題プラン」はありません。

通話には「30秒20円」の通話料がかかるので、たくさん電話をかける人には向いていないかもしれません。

電話はかけるけど「LINEの無料通話ばかり」という人には、カウントフリーでLINE通話の通信量すらかからないLINEモバイルはおすすめです。

たくさん電話をかける人には嬉しい「かけ放題プラン」ですが、あまり電話を利用しない人やLINEの無料通話ばかりの人にとっては、「毎月必ずかかる、かけ放題料金はムダ」でしかありません。

通話料金は「使った分だけ支払う」というのは、電話をあまり利用しない人にとっては喜ばしいことですね。

2017年6月19日!ついにLINEモバイルにも「かけ放題」が誕生!

夏 ビーチ

近頃は、かけ放題プランを提供する格安SIMも増えてきて、電話をたくさん使う人でも格安SIMに乗り換えやすくなってきました。

そんな中、LINEモバイルにもついに、2017年6月19日に「かけ放題」が追加されました!

通話アプリ「いつでも電話」で、LINEモバイルユーザーならだれでも通話料が半額!20円/30秒→10円/30秒に!

「10分電話かけ放題オプション」で、10分以内の電話が何度でも、だれとでも、月額880円でかけ放題に!

たくさん電話を使う人は「10分電話かけ放題オプションを追加」して、あまり電話を使わない人は「いつでも電話アプリで通常料金の半額を使った分だけ払う」という選択ができるようになりました。

これでLINEモバイルは、どんな人にもおすすめできる格安SIMになりました!

LINEモバイルの料金比較まとめ

LINE MOBILE

いかがでしたか?

今回は「LINEモバイルと大手携帯キャリア3社との料金比較」についてご紹介しました。

LINEモバイルに乗り換えると「実際どれくらい安くなるのか?」、「毎月のスマホ代はいくらになるのか?」具体的な金額がわかれば、安心して乗り換えができますね。

ぜひ参考にしてみてください。

あわせて読んでおきたい記事一覧

公式サイト
>>LINEモバイル

開催中のキャンペーン情報はこちら
>>LINEモバイルのキャンペーン情報

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEモバイル 料金シミュレーター

-LINEモバイル

Copyright© LINEモバイル『かんたんスタートガイド』 , 2019 All Rights Reserved.